【接客発声練習用動画アップ】演劇やアナウンサーを目指した人なら必ずやった「外郎(ういろう)売り」を接客スキルアップにお役立てください!

「拙者親方と申すはお立ち会いのうちにご存知のお方もござりましょうが…」

の一説で始まる、現代でいう店頭の実演販売の売り文句の口上。

もともとは300年も前の歌舞伎の演目でしたが、いつしか発声練習の代名詞となり、演劇の稽古やアナウンサーの滑舌練習にと広く使われるようになりました。

かくいう私も俳優の養成所通いの時はもちろん、ブライダルMCの事務所でも随分練習しました。(いろいろな経験が役に立つものです…w)

さて、この「外郎(ういろう)売り」

日本の美しくもユーモラスなフレーズがふんだんに使われ、楽しく滑舌練習ができる大変優れモノです。

そこで接客研修の参考にしようと動画資料を探しましたが、

歌舞伎のような本格的な演技のものも、

正確無比なアナウンサーのお手本も、

接客スキル向上のお手本にするにはちょっとハードルが高いと感じました、

そこで、早口言葉の技術やお客さまが距離を感じてしまうような抑揚はある程度カットし、接客で大事な「笑声」(→声だけ聞いても笑っているような明るい声)が身につく、必要な要素だけ取り入れた(拙いお手本ではありますが)接客発声練習用動画を作りました。

毎日一回(動画と一緒に6分間)唱えるだけでも、顔の筋肉をほぐし、同時に表情筋を鍛えます。

・1回目の視聴は読みの確認

・2回目は音声をmuteにして音読してみてください😊(画面の切り替えが早いときは一時停止してください)

とにかく、笑顔で声を出す練習だと思って気楽にチャレンジしてみてくださいね!

※鼻濁音 (カ゜、キ゜、ク゜、ケ゜、コ゜)や、「やゐゆゑよ」の正しい発音の紹介はまた追い追い動画にしていきます。

#研修プラン #接客研究 #毎日が初演 #接客スキルアップ