【小さい頃、どんな事に夢中になっていましたか?】子ども時代の遊び経験が、大人時代の“学び”を作る。

Facebookの知り合いの投稿で、 「子どもの頃の自分を振り返った時 どんなことに夢中になっていましたか?」 とあったので改めて考えてみました。

人材育成講師の野村綾です。 私はとにかく絵を描く事が好きだったなぁ。 小学校の時はエミリー先生というお人形さん。 幼稚園年少の記憶では、ブロック遊び。 あの時使っていたのは何だろうと思って調べたら やっぱりLEGOではなく、 ダイヤブロックでした。

幼稚園年少さんの私でも、 つけたり離したりで手間取った記憶はなく、 今でも手に馴染んでいる感覚です。

女の子と男の子の嗜好の傾向 作るモノといえば、女の子なので平面モノ。 お部屋のレイアウトや、文字やお花の絵。

近所のいとこの“たーぼぉ”と遊ぶ時は 飛行機や自転車などの立体モノ。 “たーぼぉ”は一つ下の男の子。

お絵かき大好き&遊び作りの天才でしたが、 時折、50cm強の「超合金ロボット」が

ブロックのストーリーにコラボしてきたりして、

「マジンガーZのサイズじゃ世界が全然違うじゃん。…男の子って意味わかんないなぁ」 と思ったものでした。 でも、その“たーぼぉ”もその後、芸大に進み、 今では立派な?アーティストになっています。 今でも「ちょっとよくわからない」存在ですが…w

(話しが脱線しましたが)

小さい時の遊びの重要性をあげると

ブロック遊びに限らず、

鬼ごっこなどの外遊びにしろ、

お絵かき、工作などの中遊びにしろ、

平面にしろ、立体にしろ、

想像の中でも、実体験の中でも

①「空間認識力」が高まります。

そういった力は学年があがるにつれ、

「立体の展開図」だったり、

「合同の証明問題」で大きな力の開きにつながります。

②外遊びは身体能力を高め、

③中遊びは手先の器用さを育みます。

遊びの中で考えの違いを感覚的に学び、

相手の出方を見たり、自分の考えを伝えるために言葉選びを工夫しだしたりして

コミュニケーション力がアップする事は言うまでもありません。

子ども時代の遊びもそうですが、

大人になった今でも、

自分で興味を持って行動する事が 学びになり、

成長につながるのだなぁと この歳になって、 改めて実感します。

#育児あるある #育児のポイント #子そだて人そだて