【我が家の人材育成】入社31年目の父から社会人1年生の息子へ会社員としてのアドバイスの言葉

明日入社式を控えた息子。

やや緊張した面持ちで、 入社31年目の主人に会社員としてのアドバイスを乞うていた。

すると

そうおしゃべりではない主人。

ちょっと勿体ぶったように、

「こないだも話したと思うけど…、」

という前置きのあと、

「人の悪口を言わない。

   目の前の仕事を一所懸命やる。

         それだけだよ。」

「ありがとう。   やっぱり31年は重みがあるなぁ…」

って息子。

うん、私もそう思う。