【研修報告】魔法の国より 〜ミラーリングのお話し〜

中国企業さま向け 本日は現場視察研修✨ 接客サービス、ハードや販売の仕組み…盛り沢山で視察していただきました😊 さらに本日はパークがすいていたのでアトラクションにも2つほど一緒に乗りました。 …とはいえ43名という大人数。

“ジャングルクルーズ”ではボートも貸し切りになってしまうので、、

「みなさん日本語わからないですが とても楽しみにきたので…よろしくお願いします😅」 と、先に乗船して船長さんにお伝えしたところ、

「オッケーでーす❗️❗️」 元気いっぱい体を使ってガイドしていただきました。

おかげで、「きゃー!」「わぁー!」

と言葉を超えて 中国のみなさんにも心底楽しんで学んでいただけました♪ ここはいつ来ても、“子ども心” に帰れる魔法の国です✨

あっ…

ところで、、、上の写真を見て、私自身で驚くことがありました。何かわかりますか?

たくさんのツーショット写真のコラージュなのですが、、

私の顔、一緒に写っている人とまったく同じ表情をしているんです。

例えば、

船長さんと一緒の時は、前歯が10本 + 白目が少し見える 三日月目 の笑顔。

SNOWのヒゲ付きの写真では、

向かって右隣の女性と同じ、左頬前、歯を見せない口角を上げた表情。。

他の方との写真も見ていただければわかると思いますが、どれも一緒に写っている人とまったく同じ表情!顔の “表情筋”の使い方がまったく一緒なのです…(驚)

コミュニケーションの手法の一つとして、ミラーリングというものがあります。

(相手の仕草や動作を鏡のように真似ること。

例えば…相手が前のめりの姿勢なら自分も前のめりの姿勢にしたり、話すスピードなどの話し方も真似することでお互い無意識のうちに同調し、相手に親近感を感じるというものです。)

実際、私のコミュニケーション研修の後、

「どうやったら先生のようにすぐにラポールを形成できますか?」とか、

「綾先生に会ってすぐ大好きになりました ♪ 」とか(…毎回ちょっと恥ずかしいのですが…)と、よく言っていただくのですが、、、

それは、いつもお伝えしている「姿勢、笑顔、アイコンタクト」の3つの要素

ミラーリングを瞬間的に使ってお伝えしているから短時間でも心に届くコミュニケーションができるのだ

…ということがこれらの写真から判明しました、、、!

と同時に、

自分の写真や動画を見返すことでコミュニケーションスキルを高めることができる!、、ということもお判りいただけたことと思います。

それにしても、

「先生〜、写真いっしょに撮りましょ〜♪」

と言っていただいて 撮り終わるまで

ものの3秒くらいでこの再現力は自分ながら感心しました。

というわけで、

ちょっとしたコミュニケーションのコツをつかんで意識して練習していけば誰でもできるようになります!

ぜひ、私といっしょにそのコツをみつけましょう^ ^